湘南/藤沢の「ハム・ソーセージ」の暇つぶし

「湘南/藤沢で家業を営む二代目の仕事場での作業やプライベート」のごくごく私的なお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Kneipe(クナイペ)レセプション】

先日、一通の手紙が届く。
【Kneipe(クナイペ)レセプション】のご招待状。
日頃、納め先には顔を出さない。をルールにしている私だが、【田舎の職人もたまには都会に・・・。】と朝一より製造をすませ、電車に飛び乗る。

【都会はちがう】
新宿駅を出て、何となく方向は解っていたので歩くと都庁が大きくそびえ立つ。【大っきいなぁ~】と思ったら、都庁の横にワシントンホテルが・・・。
05191.jpg
パッと見ると、入り口右に【Kneipe】らしきビールのポスターが・・・。
まさか、これ、正面入り口?と疑心暗鬼に時間もまだあったので、ホテルを一周するが、これがメインの入り口らしい。
入り口左にはフロント。道路から店内は丸見えの好立地。5時過ぎのサラリーマンが外を行きかう。
すごい立地条件である。道路を隔てた所が新宿の都庁。田舎職人には刺激が強すぎる。
05192.jpg

5時のレセプションと同時に人が集まり始める。15分もすると中はいっぱいに。

05193.jpg
【わたしはお酒が飲めない。】
私はお酒が一切飲めない。
師匠にもこの件では嫌がられ、ドイツでは子ども扱い。
【Kneipe】でもオーナーに『えっ飲めないの?』と残念がられる。
ごめんなさい。せっかく美味しいビールと思いますが・・・僕飲めないのです。と・・・。
オーナーの梅田氏も非常に気を使っていただき、『まいったなぁ~ビール駄目で、ソーセージは安藤さんのだし・・・』。
05194.jpg
ちょっと待っててね。と奥のチーフに指示をだす。
『そんな気を使わないで・・・。』と端で 『静かに、静かに』溶け込もうと・・・。していたら、
オーナーの梅田氏が、【皆さん、聞いてください。紹介です。このソーセージを作った神奈川のマイスターです。】などと。
【赤面である。】
深くお辞儀でごまかすしかない。
05195.jpg
【ドイツビールは】
ドイツビール、(生)は3種。名前はお酒飲めないので自信がない。
その他 ドイツを始めとしたビンビールは約20種類ほどある。【TANNEではこの倍はあるとの事です。】
ビール好き(通)にはたまらないビア専門のお店である。【昔は、HB新宿店がありましたが・・・。現存でこれ程ドイツビア中心にした種類を置いている所があるだろうか?】

【私は、好奇心旺盛。】
他店舗での見学でもそうですが、「外から見るとどうだ?」とか、「照明やお客様から中がどう見えるか?」とか、じっくり色々観察してしまう「癖」がある。
【Kneipe】でもチーフの許可を頂き?勝手に入っていったのかもしれないが、厨房内の邪魔にならない所で観察してしまう。
冷蔵庫の温度は何℃だ。【へぇ~っ、盛り付け用はこう言う下準備をして盛り付けているんだ~。】と色々勉強になり、自分の知識の引き出しとなる。
【私はこう言う所が見れて幸せだなぁ~。】と思っているのだが、オーナーは【安藤君退屈していない?】と気を使わせてしまいました。大変申し訳なく思います。私はこう言うつまらないタイプです。

05196.jpg
【四角いメニュー】
今回の【Kneipe】、代々木本店の【TANNE】でオーナー梅田氏と共にし、プロデュースした【金井氏/(有)プフィス】が、かわいらしいメニューボード?を私に見せてくれた。
【四角いメニュー】で一面ごとに、ソーセージ・ビール・パン・など【かわいいイラスト入り】で書かれていた。
(これ私、今回一番の引き出し)大の大人が、子供心に積み木をくるくる回しながら見る。
「遊び心」いっぱい。ひじょうに面白い。

梅田オーナーを私は良く知らない。しかしすごい人脈/人柄である。
満席のビアパブ。帰る人がいても、遅れてくる人がまた来る。業者はこのレセプションには呼んでいない。
「TANNE」&「ドイツビール」をこよなく愛している人達が、こんなに大勢楽しみに待ち望んでいたのが手に取るように解る。
約3時間いましたが、ずーっと満席で【このままいたら、危険!!】この勢い。《ブロースト/乾杯!!》《ブロースト/乾杯!!》が始まり終電なくなり(ドツボにはまる!!)と察知した私は、店舗を後にする。
《あとがき》
こんな田舎の職人気質の人間。
めったな事では都会に行かない。
貴重な経験をさせていただいています。

【Kneipe】梅田オーナーを始め、多くの方からの貴重な意見をいただき、自分の肥やしにさせて頂きたいと思っています。有難うございます。

【Kneipe】のスタッフの方達、【TANNE】共々よろしくお願い申し上げます。

新宿ワシントンホテル内 「クナイペ」 明日 17時にOPENです。
※アルバイト募集(近隣の方に限ります)
にほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト

Bier und Wurst 【Kneipe】 in 新宿ワシントンホテル 1F

本日、一通の手紙が届きました。
05102.jpg

東京/代々木に欧風居酒屋TENNE(タンネ)と言うお店がございます。
今、TENNEさんに腸詰などを送っています。
今度、新宿のワシントンホテル1Fに2店舗目を出店するとの事。名はKneipe(クナイペ)。OPENは5/20日予定。
納めが嫌いな私ですが、気が付けばいつのまにか・・・。
05101.jpg

【切欠】
きっかけは、師匠のお店で納めていたのですが、師匠の店が遠場に移動の為【お前、引き受けてもらえないか】と言われました。
即答で【ことわる。】と言いました。(納めが嫌いな為です。)
翌日奥さんからも言われました。【断る】といったのですが、その際 興味本位で奥さんにTANNEさんに何時取引が出来なくなることを言ったの?と聞くと、【4日前に言った】との事。
私はあっけに取られました。店仕舞いがもう二週間しか無いのに・・・告げたのが4日前。

私は考えました。そこそこの時間。
師匠の「味」ベース【同じではない。作り手が違うのだから】を出しているのは私一人。
土地が決まり期間があったにもかかわらず、聞いたのは4日前。弊店まで二週間。
解りました。会ってお話しをして見ましょう。が出会いの切欠でした。
TENNE/Kneipe
作る以上は職人のプライドがあります。金メダリストとしての誇りもあります。
他店舗の【味】を決めてしまう責任も。
乗りかかった【船】です。二号店。
自分でどこまで出来るか解りませんが【自分のイメージの味】を最大限表現できるよう、今日も「ブラインド」は閉まっています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。